ブラインドテイスティング関連情報・講座・大会・過去出題一覧(随時更新)

テイスティング
この記事は約36分で読めます。

ブラインドテイスティングとは

ワインにおけるブラインドテイスティングは
ワインの産地・銘柄などの情報を伏せて、外観・香り・味わいでそのワインを分析・評価し、そのワインの産地・品種・製法などを結論付けること。

おすすめ!ブラインドテイスティング講座

おすすめ度No.1 ヴィノテラス

ブラインドテイスティング対策講座が定期的に行われています。

オンラインなので、どこに住んでいても受講できる(日本国内のみ)!
100㎖の小瓶に入ったワインが冷蔵で届きますので、品質も問題なし。

オンライン特化のワインスクール【ヴィノテラス ワインスクール】
充実した資料:筆者が参加した時のもの

Blind Wine Tasting 小瓶6本セット

ピノコ
ピノコ

このセットとてもおすすめです。

100㎖の小瓶なので、2回ブラインドテイスティングに挑戦できます。
またそれぞれのワインがBlind Wine Tasting – YouTubeの動画に連動しているので、ブラインドテイスティングの達人たちがどのように正解にたどり着いたのか、間違えたのかを見ることができて、とても勉強になります。

第一弾が発売され、今後も継続していくものと思われますので、定期的に購入してブラインドテイスティング能力を高めていきたいと思います。

【詳細はこちら】Blind Wine Tasting 小瓶6本セット
100mlの小瓶に入ったワインが届く
中身はシールをはがさないと見えない
二次元バーコードを読み取ると当該YouTubeへ

ワインセット

超おすすめ!主要品種の特徴をつかむワインセット(小瓶orフルボトル)
ピノコ
ピノコ

ソムリエ・ワインエキスパート対策試験用のワインセットなので毎年8~10月前後の期間限定販売の商品です。

基本品種が中心で、それぞれの産地と品種の特徴がよく表れており、さらに模範解答付きなのでブラインドテイスティングの対策にも最適です。

【アカデミー・デュ・ヴァン】動画解説付きワインセット

上記の公式ページでは動画の一部が見れますので参考にしてください。
「美味しいワイン」を飲みながら「少しのトレーニング」で、ブラインドテイスティングの習得を目指す【動画解説付き】ワインセットです。

様々なテーマのセットがありますので、苦手を克服するののもおすすめです。

ピノコ
ピノコ

J.S.A.ブラインドテイスティングコンテスト大会優勝の経歴を持つ先生が普段から行っている勉強法やちょっとしたコツも織り交ぜながら、わかりやすく、詳しく解説してくれます。

フルボトルなので仲間との練習にも最適。

アカデミー・デュ・ヴァン

第21回アカデミー・デュ・ヴァン杯 ブラインドテイスティング大会

ワインプラスカレッジ

テイスティングを極める – ワインプラスカレッジ|東京のワインスクール&ショップ (wineplus.jp)

【大会開催情報】ブラインドテイスティング

アカデミー・デュ・ヴァン【参加募集中8/31 (土)】
第21回アカデミー・デュ・ヴァン杯 ブラインドテイスティング大会

【YouTubeで学ぶ】ブラインドテイスティング

Blind Wine Tasting – YouTube

ブラインドテイスティングに興味がある、知識をブラッシュアップさせたい方におすすめのYouTubeがあります。

それがヴィノテラスワインスクールが運営するYouTubeチャンネル「Blind Wine Tasting」
数々のブラインドテイスティング動画が投稿されています。

Blind Wine Tasting 小瓶6本セット

「Blind Wine Tasting 小瓶6本セット」は過去、こちらのYouTubeに登場したワインのセットです。
まずはブラインドテイスティングに挑戦して、YouTubeで答え合わせをすることができます。

YouTubeチャンネル「Blind Wine Tasting」



出演者はブラインドテイスティングコンクール等で実績を残した、日本を代表する猛者達!!
世界中のワインを外観、香り、味わいと判断し、正解まで導くというもの。

自分もこの動画の中に入り込んだ気持ちで、「なるほど~!」とか「分かる~!」なんて毎回の動画を楽しみにしています。

運営元のヴィノテラスワインスクールはオンライン専門なので、日本全国どこでも授業を受けることができます。
ワインは小瓶で郵送してくれますので、最先端の学びをあなたの自宅で受講できるのです。

ブラインドテイスティング対策講座も定期的に行われていますので、ぜひ公式HPをご覧ください。

オンライン特化のワインスクール【ヴィノテラス ワインスクール】
ピノコ
ピノコ

出演者達の分析力はさすがの一言。
間違え方こそ、勉強になります。

ブラインドテイスティンググッズ

友人とブラインドテイスティングをするときにも便利。
これがなければ、アルミホイルでボトルを巻くなど毎回手間になります。
ボトルの形(ブルゴーニュ型、ボルドー型、アルザス型)もすっぽり隠れるのがGOOD。

テイスティング力向上に欠かせない記憶の整理に便利。

ワイナロマはお高いけれど、安心のために購入するのはありかも。
イメージしずらい香りを、知るためには役に立つ商品。

テイスティングラスは必ず必要。
最低6脚あると便利です。

ブラインドテイスティング大会

日本ソムリエ協会主催(過去出題一覧あり)

日本で最も有名なブラインドテイスティング大会は一般社団法人日本ソムリエ協会が主催する「J.S.A.ブラインドテイスティングコンテスト」。

出場資格は、予選開催日において満20歳以上の方。国籍、職種、経験、資格有無は問われません。

参加料はソムリエ協会の正会員・賛助会員は2,000 円、一般の方は10,000 円です。

予選の成績上位者約12名が準決勝、そのうち上位3名が当日同会場で行われる決勝戦に選出。
決勝の上位3名には賞状、優勝者に副賞が授与されます。

ピノコ
ピノコ

この舞台を目標に、ブラインドテイスティングのトレーニングを頑張るのもありかも!

2017年第1回予選出題ワイン
主要品種年号生産国生産地方
1シャルドネ
Chardonnay
2014チリ
Chile
カサブランカ・ヴァレー
Casablanca Valley
2シラーズ/シラー
Shiraz/Syrah
2015オーストラリア
Australia
アッパー・ハンター・ヴァレー
Upper Hunter Valley
3ガメイ
Gamay
2012フランス
France
ムーラン・ア・ヴァン
Moulin-a-Vent
4グルナッシュ
Grenache
2015南アフリカ
South Africa
スワートランド
Swartland
タイプ生産国生産地アルコール度数
5ヴァン・ド・リキュールフランス
France
コニャック
Cognac
17%
6芋焼酎日本宮崎県44%
2018年第2回予選出題ワイン
主要品種年号生産国生産地方
1シュナン・ブラン
Chenin Blanc
2015南アフリカ
South Africa
パール
Paarl
2ルカツィテリ
Rkatsiteli
2015ジョージア
Georgia
カルトリ
Kartli
3カルメネール
Carmenère
2016チリ
Chile
カチャポアル・ヴァレー
Cachapoal Valley
4ツヴァイゲルト・レーベ
Zweigeltrebe
2015日本
Japan
長野県(塩尻市桔梗ヶ原)
Nagano
主要品種特定名称生産都道府県アルコール度数精米歩合
5五百万石吟醸酒/特別本醸造酒新潟県15%55%
主要品種タイプ生産国生産地アルコール度数
6フランボワーズ/ラズベリー
Framboise/Raspberry
ブランデー/オー・ド・ヴィー
Brandy/Eau de vie
フランス
France
アルザス
Alsace
40%
2019年第3回予選出題ワイン
主要品種年号生産国生産地方
1ソーヴィニヨン・ブラン
Sauvignon Blanc
2017アメリカ
USA/America/United States of America
ナパ・ヴァレー
Napa Valley
2アリゴテ
Aligoté
2017フランス
France
ブルゴーニュ
Bourgogne
3テンプラニーリョ
Tempranillo
2014スペイン
Spain/ España
リオハ
Rioja / Rioja D.O.Ca
4アリアニコ
Aglianico
2013イタリア
Italy / Italia
カンパーニア州 D.O.C.Gタウラージ
Campania D.O.C.G Taurasi
主要品種特定名称生産都道府県使用酵母
5雄町純米大吟醸岩手県1801号
銘柄生産国アルコール度数
6ホワイト ポート
White Port/Vinho do Porto Branco
ポルトガル
Portugal
19.5%
2020年第4回予選出題ワイン
主要品種年号生産国生産地方
1アシルティコ
Assyrtiko
2019ギリシャ
Greece
サントリーニ島/PDOサントリーニ
Santorini
2リースリング
Riesling
2017ドイツ
Germany
ファルツ
Pfalz
3ピノ・ノワール
Pinot Noir
2018フランス
France
マルサネ
Marsannay
4サンジョヴェーゼ
Sangiovese
2014イタリア
Italy
キアンティ・クラッシコ
Chianti Classico
5
ジンファンデル
Zinfandel
2017アメリカ
America/USA
カリフォルニア セントラル・ヴァレー ローダイ
California Central Valley Lodi
6グレーラ
Glera
N.V.イタリア
Italy
コネリアーノ・ヴァルドッビアデネ・プロセッコ
Conegliano Valdobbiadene-Prosecco
2021年第5回予選出題ワイン
主要品種年号生産国生産地方
1シャスラ / ファンダン2019スイスヴァレー
2ジルヴァーナー2019ドイツフランケン
3カベルネ・ソーヴィニヨン2018日本長野県塩尻市
4カベルネ・ソーヴィニヨン2015オーストラリアグレートサザン
特定名称特定名称生産都道府県酒母
5山田錦純米大吟醸栃木県生酛
6五百万石純米大吟醸新潟県速醸
2022年第6回予選出題ワイン
主要品種年号生産国生産地方原産地呼称名
1グリューナー・ヴェルトリーナー2019オーストリアニーダーエスタライヒヴァッハウ(D.A.C.)
2アルネイス2018イタリアピエモンテロエーロ(D.O.C.G.)
3ガルナッチャ2020スペインアラゴンカンポ・デ・ボルハ(D.O.)
4カベルネ・フラン2018フランスロワールシノン(A.O.C.)
特定名称精米歩合醸造年度酒母
5純米酒60%平成27/2015山廃
主要原材料原産国アルコール度数タイプ
6サトウキビプエルトリコ40%ラム
2023年第7回予選出題ワイン
主要品種年号生産国生産地方原産地呼称名
1シャルドネ2016フランスブルゴーニュ地方ムルソー
2コルテーゼ2021イタリアピエモンテ州ガヴィ デル コムーネ ディ ガヴィ
3メルロー2017アメリカカリフォルニア州ナパ・ヴァレー
4マルベック2019アルゼンチンクージョ地方ウコ・ヴァレー
特定名称精米歩合醸造年度酒母
5特別純米酒60%令和3BY/2021高温糖化酒母
生産国アルコール度数名称
6日本13%梅酒
2024年第8回予選出題ワイン(5月18日開催!)
ピノコ
ピノコ

523名が予選に参加したそうです!

今回、4種類のスティルワインと2種類のその他のお酒が出ました。
以下は私の出口調査の結果です。

1 アルコール度数軽め、酸高め?
ミュスカデ、甲州、セミヨン(ハンター)、シュナンなど

2 アロマティックな白ワイン
ヴィオニエ、アルヴァリーニョ、ゲヴュルツトラミネル、トロンテス、リースリングなど

3 中程度の濃さ、若々しい色調、酸高めの赤ワイン
最も意見が分かれていて迷った方が多かったよう
ピノ・ノワール、ガメイ、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーなどなど…

4 色が明るく、オレンジがかった熟成のニュアンス、渋い赤ワイン
ほとんどの方がネッビオーロ、たまにクシノマヴロの方あり

5 フルーティで甘みが強い、無色透明の日本酒
銘柄・精米歩合・米の種類・酒母の解答欄がありました。

6 無色透明の蒸留酒、癖のある香り
銘柄・生産国・アルコール度数の解答欄がありました。
ほとんどが泡盛、少数派に麦焼酎、テキーラの方がいた。

主要品種年号生産国
グラウブルグンダー/ピノ・グリ2021ドイツ
アルヴァリーニョ2022ポルトガル
メンシア2020スペイン
ネッビオーロ2017イタリア
特定名称精米歩合主要原料米酒母
純米大吟醸47%夢山水速醸酛
生産国アルコール度数名称
日本25%泡盛/琉球泡盛

ワインスクール主催

その他、ワインスクールが主催する気軽に挑戦できるブラインドテイスティング大会(イベントや講座の一部というイメージ)もあります。

スクールによっては賞金や賞品がもらえるものも…!

ブラインドテイスティング大会荒らしというか(笑)、どの大会にも表れる強者つわものもいらっしゃいます。

オンラインで参加できるものもありますので、まずは力試しに挑戦してみるのをおすすめします。
開催される大会を見つけましたらこちらの記事でお知らせします!

ワインショップ・レストランなど

恵比寿ガーデンプレイスタワーB1の「Wine Market Party(ワインマーケットパーティ)」では毎週月・火に1,100円で3種類のブラインドテイスティングができます。

火曜日の夜には正解発表され、1-5位の方は順位によりお店で使えるポイントがもらえます。
全問正解者にはなんと15,000ポイント!(1ポイント1円)

詳しくは「Wine Market Party(ワインマーケットパーティ)」のFacebookかInstagramをご覧ください。

YEBISU WINEMART ONLINE – 世界各国のワインとチーズ・食品・雑貨が揃うネットショップ

ブラインドでヴィンテージを当てる方法

残念ながらぴたりと充てるのは難しいですね。

優秀なテイスターの方々でも、外します。でも近いヴィンテージを推測できることと、その理由を説明できることが重要だと思います。

できることとしては、テイスティングした時のワインの特徴を記憶することと、誰かとテイスティングする時はその人の解釈を聞いて理解しておくこと。

若いヴィンテージであれば、ワインショップで流通しているヴィンテージをチェックして知っていることも重要です。

ピノコ
ピノコ

トップテイスターの方がおっしゃっていたのですが、ワインを飲んだらそのワインのテクニカルデータだけでなく、他のヴィンテージも調べて残糖と総酸度をメモしているそう。
そうすることでヴィンテージの違いがだんだん覚えていけるとのこと。

ブラインドテイスティング書籍

ブラインドテイスティングニュース

世界ブラインド・テイスティング選手権2023、日本は過去最高の11位 | WINE REPORT

ブラインドテイスティング辞典

ピノコ
ピノコ

ブラインドテイスティングによく出てくる用語を追加していきます。
自分の備忘録もかねて覚えておきたい用語も入っております。

主に、前記でご紹介したYouTube「Blind Wine Tasting」内からの抜粋が多いです。

あ行

アーシー土っぽい香りがすること
アラン・ブリュモン伝統的品種タナを復興させた
シュッド・ウエスト最高の生産者の呼び声が高い
エラジタンニン樽熟成中に溶出されるタンニン 強い酸化防止の機能がある
オフドライ辛口より、やや甘みが感じられる
オールドワールド(旧世界)フランスやイタリアなどのヨーロッパのこと
ヨーロッパにおけるワイン生産の歴史は紀元前にまでさかのぼるとされる

か行

揮発酸(Volatile Acid)常温で揮発する酸のこと 揮発することで香りとして認識される
クヴェヴリ伝統的なジョージアワインの発酵、貯蔵、熟成に使われる大きな土器
グリップ感じ取った要素が印象的に感じられることを指す
ゲイミームスクや皮革のような香り 熟成した赤ワインによく使われる表現

さ行

酸化熟成大気中の酸素と直接触れさせ、ワインに旨味やまろやかさを与え、色を安定させる熟成方法
酒石酸酸やミネラルを豊富に含む 良いワインにみられる
ストラクチャー甘味、酸味、タンニン(渋み)、アルコールなどの要素で造られる、ワインの味わいの骨格のこと
セイボリー「旨味を思わせるような」「味わいのしっかりした、風味のある」といった意味の味わい、香りを表現する言葉
セカンドワイン生産者がメインに造るワインの1つ下のグレードに位置づけられるもの
全房発酵(ホールバンチ/ホールクラスター)ブドウの果皮と種子、果肉、果梗を一緒に醸す醸造方法

た行

第1アロマ原料ブドウに由来する香り
第2アロマ発酵段階で生まれる香り
第3アロマ熟成する際に生まれる香り ワインの風味に複雑性を与える
タンニン種子に多く含まれる渋み成分のこと

な行

ニューワールド(新世界)大航海時代にワインが伝わり、新しくワイン造りを始めた国のこと

は行

バックヴィンテージ長い年月を経ることで味わいが出て、価値が高くなった良質のワイン
ハニーサックルスイカズラの英名
バリックワインを熟成させる小樽のこと
フライト「組」の意味。
(例)ワインを数種類1組を3回ブラインドテイスティングする場合に「3フライト」と言う。
ブレッド馬小屋、動物的などと表現されることの多い少しの甘さを伴った臭い
ぺトロール香特にリースリングに現れやすい 重油を思わせる香り

ま行

ミクロ・オキシジェナシオンフランス語で「ミクロの酸化」を意味する
ワインに細かい酸素の泡を吹き込むことでワインの酸化を促進する醸造技術
メトキシピラジン青臭くピーマンを連想させる香気成分

や行

ら行

ラスティック田舎っぽいという意味を持つ クラシックな造り方の際に出るニュアンス
リコリス甘草 砂糖の数十倍の甘さがあるとされる
甘味成分のグリチルリチンを含むマメ科のスパイス

わ行

コメント

タイトルとURLをコピーしました